パソコン作業でも目に良い環境を作っていく

私は普段、パソコン作業が多いので、目を休めるためにも、休日はパソコンを立ち上げないようにしています。

現在は描画作業がないので、それほど凝視して画面を見ることがないので、以前よりは目の疲れは少なくなっているのかもしれません。

それでも毎日長時間、パソコンの画面を見ていると、やはり目が疲れてきてしまいます。
また、文字が小さいと、それを見るのに目をいつも以上に使ってしまいます。

目に良い環境を作るためにも、なるべく目の負担にならないように工夫をしています。
その一つが文章作成をする時に、文字を大きくしたり、太くしたりしています。

また、文字の色を黒ではなく、若干緑色を混ぜることで、見やすくなっていると思います。

以前、仕事で毎日描画作業をしていた時に、目の疲れを軽減するために、線の色を黒から濃い緑色に変えたことがありました。
そのおかげでかなり目が楽になったのを覚えています。

単に与えられた環境では、長期的に続けて行くには不都合が生じてしまうこともあります。
今できる方法で少しずつ解決していきたいです。全身脱毛の効果を口コミで検証